診療科:脳神経外科 紹介

   神経外科は植村総院長、坪田、末吉の3名で診療にあたっております。脳神経外科疾患は、 脳内出血、脳梗塞、頭部外傷など救急医療を要する疾患が多くを占めていますが、救急医療に対しては、常に緊急手術や脳梗塞に対する t-PA治療が行えるよう取り組んでおります。 ほかにも脳腫瘍や機能的疾患、頸椎症に対しても手術を行っております。    超高齢の患者さんや、状態の厳しい患者さんも増加しておりますが、諦めない医療を心がけております。『天草全土の 急性期脳疾患患者は全て当科で診る。』をモットーに24時間、365日、対応できる体制をとっております。 特別な治療(脳血管内手術)を要する場合は熊本大学と連携を、また特殊な神経疾患(変性疾患)に対しても神経内科専門施設と連携を とり治療を行う支援体制が整っております。脳神経外科学会にも積極的に参加して、最新の治療法の取得や学会発表を行ったり、また定期的に 近隣の医療機関の医師と神経放射線カンファレンスを行い、症例検討を行うことで、常に高品質の医療を患者様に提供出来るよう努力して おります。