HOME >> 看護部トップ >> 看護部体制

看護部体制・勤務体制

看護単位

 8単位
   外来1単位、病棟(一般病棟5単位、地域包括ケア病棟1単位、手術・中央材料室
    1単位

看護配置

 一般病棟
   7対1の看護体制です。看護補助者は25対1以上の配置を行っています。

 地域包括ケア病棟
   13対1以上の看護体制です

看護提供方式

 パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)
   看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目的に、2人の看護師が よきパートナーとして、対等な立場で 互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合って、毎日の看護ケアを始め、看護チーム活動・病棟内の係りの仕事に至る まで、1年を通じて活動し、その成果と責任を共有する看護体制。

勤務体制

 勤務時間:週40時間

 病棟:2交替制     (夜勤時間    20時30分~9時00分)

 外来:2交替制     (夜勤時間    17時00分~9時00分)    内視鏡室:待機制

 手術室:待機制

【医療センター】     外来患者様へ   入院・退院の患者様へ  
【お知らせ】     お知らせ
【看護部紹介】     理念と目標   活動   看護部長
【体制と人材の育成】     体制   人材育成    認定看護師
【部署紹介】     外来   2階病棟   3階南病棟   3階北病棟   4階南病棟   4階北病棟   5階病棟   中央材料室・手術室
【各部署】     放射線部   検査部   薬剤部   栄養管理部   リハビリテーション部   医療連携室   医療安全対策室  
【関連施設】     健診センター   産業保健センター   介護センター   南包括支援センター「うぐいす」