HOME >> 看護部トップ >> 認定看護師の紹介

認定看護師の紹介

がん化学療法看護認定看護師

[認定看護師:山田]

   がん化学療法看護認定看護師として、外来化学療法室で勤務しています。がん化学療法は入院から外来へと 治療の場が移行しています。そのため、外来でがん化学療法を受ける患者が、安全・安楽に治療を受け、自宅において副作用に 対するセルフケア能力が確立できるよう支援していきたいと思っています。また、病棟でがん化学療法を受ける患者を訪問し、 気がかりなことを聞いたり副作用対策の説明を行ったりしています。
<山田由美子>

緩和ケア認定看護師

[認定看護師:長嶋]

   緩和ケアは、がんが進行した時期だけではなく、がんの診断や治療と並行して行われるべきものです。 緩和ケアを早期から導入する事で治療の副作用や痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療が出来ます。また、治療が 出来なくなっても何も出来ないのではなく、つらい症状を緩和し、最期までその人らしい生き方が出来るよう、緩和ケア チームで関わっていきます。その中で認定看護師としての専門的知識やケアの提供ができるよう、頑張っていきたいと 思っています。<長嶋由美>

感染管理認定看護師

[認定看護師:山本]

   感染から患者さんや職員を守るため、職員への標準予防策の指導、耐性菌の感染経路調査、職業感染防止 対策として針刺し事故の対応や職員の流行性ウイルス抗体ワクチンの推奨、医療器具関連感染のサーベイランス、感染管理に ついての相談等を受けています。
   患者さんが安心して入院生活を送れるよう、また職員も安全に仕事が出来るよう感染対策に 努めていきたいと考えています。<山本直美>

摂食嚥下障害看護認定看護師

[認定看護師:橋元]

   何らかの原因で「食べる・飲み込む」機能に障害を抱えた患者さんに対し、安全においしく食事を食べて いただけるよう口腔ケアやリハビリテーションなどを実践しています。また、言語聴覚士・管理栄養士など他職種と連携し、 嚥下スクリーニング・訓練内容の設定・栄養管理を行っています。一人でも多くの患者さん・ご家族の「口から食べたい」に 応えられるよう支援していきたいと思います。<橋元美和>

糖尿病看護認定看護師

[認定看護師:今村]

   糖尿病の治療には食事・運動・薬物療法があり、これらは自己管理が必要な病気です。糖尿病を もちながら生活する患者さんの思いを知り、共に考えることで生涯にわたり糖尿病とうまく付き合いながら、その人らしく 生活していくことが出来るようサポートしていきたいと思います。また実践・指導・相談の役割を通し、院内の糖尿病看護の 質の向上にも努めていきたいと考えています。<今村敬代>

皮膚排泄ケア認定看護師

[認定看護師:嶋田]

   皮膚排泄ケア認定看護師は、創傷・ストーマ・失禁の患者さんを対象に専門的なケアを提供する看護師です。 入院中に何らかの理由で発生した皮膚トラブルは、予防も含め、入院中だけでなく、退院してからも継続して行わなければなりません。 患者さん、ご家族の方がどんな生活をされているのか、退院後の先を見据えたケアの提供をしていくことができればと考えています。 また平成30年度より排尿ケアチームを立ち上げました。一人でも多くの患者さんの排尿自立を目指して頑張っていきたいと思っています。 〈嶋田香代〉

その他

   看護部では上記以外にも以下の専門分野の資格を持った看護師がリーダーシップを取っています。(平成30年4月末現在)

 認定看護管理者:1名
 感染管理認定看護師:1名
 がん化学療法看護認定看護師:1名
 緩和ケア認定看護師:1名
 摂食嚥下障害看護認定看護師:1名
 糖尿病看護認定看護師:1名
 皮膚排泄ケア認定看護師:1名
 日本糖尿病療養指導士:10名
 熊本地域糖尿病療養指導士:8名
 呼吸療法認定士:8名
 NST専門療法士:3名
 介護支援専門員:14名
 認知症ケア専門士:4名
など

【医療センター】     外来患者様へ   入院・退院の患者様へ  
【お知らせ】     お知らせ
【看護部紹介】     理念と目標   活動   看護部長
【体制と人材の育成】     体制   人材育成    認定看護師
【部署紹介】     外来   2階病棟   3階南病棟   3階北病棟   4階南病棟   4階北病棟   5階病棟   中央材料室・手術室
【各部署】     放射線部   検査部   薬剤部   栄養管理部   リハビリテーション部   医療連携室   医療安全対策室  
【関連施設】     健診センター   産業保健センター   介護センター   南包括支援センター「うぐいす」