診療科:消化器内科 紹介

天草地域医療センター   消化器内科         坂井良成、松下寛、中島昌利、田山紗代子

   消化器内科は、土曜日特殊外来として、熊本大学消化器内科から非常勤の派遣が始まり、 現在も特殊外来を継続しながら、常勤医を平成21年4月より派遣を開始しました。1年目は二人体制でしたが、平成22年からは3人体制と なり、現在に至っています。診療内容は、消化器疾患を外科と連携し全般的に行っています。    消化管は、上下部内視鏡検査・NBI拡大内視鏡検査により消化器癌、胃十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患等の診断並びに 治療を行っています。大腸ポリープ切除や早期の食道癌・胃癌・大腸癌に対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的粘膜切除術 (EMR)などの内視鏡的治療を積極的に行っています。食道静脈瘤に対し内視鏡的硬化療法(EIS)や内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)を行って います。
   肝疾患については、C型慢性肝炎に対しペグインターフェロン、リバビリン併用療法やプロテアーゼ阻害剤を併用 した3剤併用療法、インターフェロンフリーの2剤内服療法などの抗ウイルス療法を始め、B型慢性肝炎はインターフェロン療法や、 核酸アナログ製剤による治療、肝細胞癌に対し診断や治療(分子標的治療薬(ソラフェニブ)や肝動脈塞栓療法(TAE))を放射線科と協力し 行っています。
   胆道・膵疾患に対して内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を行い、膵癌や胆道癌の診断や内視鏡的乳頭括約筋切開術 (EST)をおこない、採石術や減黄術を行っています。経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD)、メタリックステント留置術も行っています。    以上のように、消化器疾患を全般的に行っています。外科とも密接な連携をとることで、患者様が、より安全に、そして、より 安心して治療を受けて頂けるよう心がけ、頑張っていきますので、これからもよろしくお願い致します。